シャンプーの勉強をして思った日記ブログ

MENU

酵素は濃い方がやっぱり美容に良い?

酵素

酵素ドリンクというと一般的にダイエット向けと健康系向けに分かれると思いますが、最近ではより美容の方を意識したタイプのものもあります。

 

ブルーベリーなどベリー種に多い抗酸化作用を活かした便秘解消向けやエイジングケア向きなど酵素ドリンクの認知度と人気が高まるにつれて色々なタイプも出てきています。

 

どうも健康系の方が濃い〜という感じがしますよね。美容系はフルーティーな感じがしますが、やっぱり濃い方が成分が豊富に入っているという印象があります。

 

効っく〜〜という感じの濃い苦いという味の事は二の次3の次というぐらいの酵素ドリンクという感じではあります。

 

薄めてカクテルみたいに、リンゴジュースやら、オレンジジュースやらというのとも無縁という感じです。

 

一方ダイエット系はこれと逆に薄いというのは果たして良いのでしょうか?

濃い酵素はまずいのが当たり前?

酵素

野草などが多い場合には、酵素ドリンク自体飲みやすいものではないと思うのです。

 

だって醗酵とかしまくっているし、なおかつ色々な野菜やら、野草なども入っているので、フルーツなど入っている場合には飲みやすさは若干あるかもしれませんが、さすがにおいしいとは思いませんよね。

 

野草でいうとかなりパワフルですが、そこら辺の葉っぱを発酵させるのに近い味わいが期待できるため、濃い方がさすがに良さそうですが、薄いと味は良いけれどせっかくの酵素の良さが薄まっている感じがしますし、そこら辺に生えている葉っぱで毒がない場合でもさすがにおいしいと思って食べている人はいないです。。

濃さによってやはり味が違うのは当然?

酵素

果汁100%がまずい酵素ドリンクで、ダイエット系の薄い酵素ドリンクは果汁5%みたいな感じです。

 

葡萄ジュースで例えると味自体は似ていますが、葡萄特有の甘さというのが100%だと実感できますよね。ただ果汁が入っていないジュースでも葡萄ジュースの味がします。

 

なので酵素ドリンクでもほとんどパワフル成分が入っていなくても味を似せることも出来るようです。

 

さすがにグレープ味で果汁0みたいなのはないと思いますが、できれば高い製品なだけに高品質なものを選びたいですね。

 

ただ年齢的なものもあるかもしれませんので、一概に高品質のものを買うのが良いのか?というのも考え物ののように感じます。

 

安物買いの銭失いですが、それもしょうがないというかむしろ製品が底上げしているので安物買いの銭失いというのは満足も出来なくてどうしようもない状態に限られるのかもしれませんね。

 

グミもおいしいし・・・。

 

やはり結論としてパワフルで美容に良さそうな濃い酵素は味に期待しない方が良さそうです。もっとおいしい味を求める場合には、私はグミを食べる事にします。

おすすめサイト


シャンプーの勉強をして思った日記ブログ

シャンプーの勉強をして思った日記ブログ

シャンプーの勉強をしてふと思ったのが、結構難しいというよりは成分とかで説明されているのは単一な成分の説明なので、色々な成分が組み合わされているのがシャンプーです。洗浄成分も1つではなくアミノ酸系でも数種類組み合わせて使われているので、使用感がどのようなシャンプーかというのが分かりづらいですよね。また組み合わせ自体相性が悪い場合とか泡立ちが良くなる成分とか色々あるのでシャンプーというのは成分だけで判断するというのは結構難しいかもしれません。特にスカルプシャンプーになると医薬部外品なども多くなるので、見慣れないような成分もあるし、新しい成分もあるので、大変ですね。頭皮のケアにはスカルプシャンプーが良くヘアケアにはヘアケアシャンプーが良いと思っていましたが、成分次第では、ヘアケア用でもスカルプシャンプーとしても優秀なシャンプーがあったりと色々楽しめますが、結局どんなに良いスカルプシャンプーでも使用した感想がイマイチなら、今後使用する事はないかもしれないというのがやっぱりシャンプーも美容やスキンケアに必要なコスメも同じところがありますよね。


シャンプーの勉強をして思った頭皮&スカルプ日記ブログ TOP


シャンプーの勉強をして思った日記ブログ リンク集

シャンプーの勉強をして思った日記ブログが選んだサイトやブログなどを紹介しているページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

酵素は濃い方がやっぱり美容に良い?

酵素は濃い方がやっぱり美容に良い?に関するページです。